国産時計・輸入時計 外装修理・研磨・磨きのイメージ | 時計修理なら名古屋のウォッチリペアサービス

 

傷ついてしまった大切な時計を元の状態に近づける作業です。

国産時計・輸入時計 外装修理・研磨・磨き 作業前
ベゼルふちとラグ部分に大きく着いた傷です。落下時についてしまったと思われます。
国産時計・輸入時計 外装修理・研磨・磨き 作業中
研磨作業時には可能な限り部品を外して作業します。本来の傷とは関係ない部分もありますが、左右のバランスを取る場合などもあり可能な限りばらして作業します。時計によっては分解と組み立てが研磨作業よりも時間がかかるときがあります。
国産時計・輸入時計 外装修理・研磨・磨き 作業後 完成
ばらした部品は必要な下地作業からバフを使って研磨していきます。傷取はキズの一番深い部分に面を合わせる作業ですので、研磨後に違和感の無いように仕上げるのがポイント、様々な時計の形状に合わせて磨き上げていきます。

 

お客さまよりお預かりした時計の、外装仕上げの一部をご覧ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

時計分類 (必須)
輸入時計国産時計バンドパーツ工具類クロック他

メーカー/モデル名 ※記入例:ロレックス サブマリーナ等

モデル番号/型式 (必須)※記入例:116610LN等 不明の場合は裏蓋の刻印を記入して下さい。

お問い合わせ分類(必須)
修理見積在庫状況販売価格納期その他

機械分類(必須)
クォーツ機械式手巻機械式自動巻ソーラーその他

保証カード(必須)
ありなし

お問い合わせ内容

画像があれば添付して下さい

WRS営業日カレンダー

FACEBOOK PAGE

PAGE TOP