時計の文字盤で遊ぶその2

文字盤カスタマイズ
文字盤カスタマイズ

オリジナルの手書きデザインを市販の時計に再現しました。世界に一つだけの時計。

文字盤カスタマイズは今まで修理業界で言われている「リダン(書き直し)」と少し違います。

リダンの場合はもともとのきれいな状態に戻すことですが、カスタマイズは自分仕様にするということです。

ですので先にご紹介した「傷んだ文字盤で遊ぶ」こともいいですが、

自分のデザインを新しい文字盤に表現することも出来ます。

また、同じグループで同じチームのマスコットを入れることも可能です。

文字盤のデザインは通常今までですと100枚単位でないと作成できませんでしたが、

今の世の中は便利になっているので1枚から作成可能ですよ!!

作業自体は時計を分解して組み立てる作業と、デザインをデータ化して印刷する作業に分かれます。

時計修理会社だからできるサービスでもありますね、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 文字盤カスタマイズ
  2. ラドーの文字盤書き直し

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP