文字盤再生(リダン)っぽい作業しました。

ラドーの文字盤書き直し

文字盤書き直し
シミや変色の出た古い時計の文字盤を完全カスタマイズする方法と新品のような状態に近づける方法があります。

再生するかカスタマイズするか!

通常は全く違うデザインにしてしまう「カスタマイズ」をご案内していますが、最初の頃のような文字盤に戻す(業界ではリダンと言います)作業も、不可能ではありません。

ただし、ダイレクトプリントで再現できる範囲がありますので元々のイメージに戻すのであれば完全に塗装をやり直す処理が必要です。この場合は現状で日本国内に処理できる所が無いので香港や韓国へ作業依頼します。その代わり塗料とクリア層の塗布やロゴの転写もできるので高級ブランドに向いています。納期は半年ほど必要でコストが40,000円~50,000円です。

ダイレクトプリントでの作業は弊社内で可能ですので、納期は約4週間で費用は現在キャンペーン中なので9,800円+TAXです。

くすんだ白い文字盤をブラックに仕上げました。イメージがかなり変わりますので楽しいですよね!
くすんだ白い文字盤をブラックに仕上げました。イメージがかなり変わりますので楽しいですよね!

関連記事

  1. 文字盤プチリダン
  2. 文字盤カスタマイズ
  3. 文字盤カスタマイズ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP