時計バンドの取り付け幅について。

時計のバンド交換

時計バンドを純正以外で交換する場合は取り付け幅(ラグ幅)で選びます。

バンドメーカーですと奇数幅は極端に少なくなるのでもし1ミリ幅が違う場合はその上の偶数の物を選ぶのが基本になります。

例えばIWCなどで21ミリ幅のモデルがありますが、この場合は20ミリを選ばずに22ミリを選びます。

これくらいのサイズだとほぼ問題なく上のサイズでフィットしますので大丈夫です。
ちなみに下のサイズで選ぶとラグ幅との隙間から固定用のバネ棒が少し見えることになります。
バネ棒は両端が伸び縮することで時計に固定されていますので、棒が見える状態は落下の危険があります!ご注意ください。

あとラグ幅自体も時計のデザインやサイズなどでイメージが合わない場合はわざと上のサイズをカット合わせで使うのもカッコいいですよ!!

時計のバンド交換

時計のバンド交換

写真のZENOは取り付け幅22ミリですが、時計が47ミリなのでもう少しバンドのボリュームが欲しい感じなので24ミリ幅で組み合わせました。

取り付け部分を両サイド1ミリほどカットしてラグ幅よりバンドが広めなのでラグにかかるような感じです。

時計のバンド交換

時計のバンド交換

これ純正バンドより絶対カッコいい組み合わせになりました!!

取り付け幅はあくまでも目安です。加工して取り付ければ時計の魅力も一段とアップしますよ~

お気軽にご相談くださいm(__)m

関連記事

  1. WRS muta factory ウェブショップ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP