逆バネ棒の時計

逆バネ棒

時計バンドの固定方法ではほとんどの時計がバネ棒という部品を使用して取り付けられています。

そしてヴィンテージ商品で時々見かけるのが「逆バネ」と言われるタイプです。

逆バネ棒

逆バネ棒

通常はラグ側に向かってバネ棒の先が入り込むようになっているのですが、
このタイプはラグから内側に伸びている先にバネ棒がかぶさるようになっています。

このタイプのバネ棒は入手することがほとんど出来ないので、一般のバネ棒をこの形に加工することもあります。

今回はバネ棒を加工するのではなく、ラグの方を加工して通常のバネ棒が使用できるようにします。

逆バネ棒を普通バネ棒仕様に変更

逆バネ棒を普通バネ棒仕様に変更

ヴィンテージ商品のオメガですが、古い物になるとOH後のコンディションが長く保てない場合が多くなります。

現行の商品のように防水性なども確保されていないのでしょうがない部分ではありますが、気になることがあればお気軽にご相談ください。

オメガヴィンテージ自動巻き

オメガヴィンテージ自動巻き

関連記事

  1. SEIKOダイバーカスタマイズパーツ
  2. エスプリマワインダー
  3. ROLEX 16570 仕上げ
  4. オメガ3510-50 OH
  5. ロレックス デイトナやデイトジャスト/サブマリーナ等 オメガスピードマスター・シーマスター等 等自動巻時計のオーバーオール(分解清掃)費用
  6. ウブロ ビッグバン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP