特殊な取り付け部のお時計でもバンド交換可能です。

 

本日もバンド交換のご案内です。

ローゼンダール 
レクタンギュラー

こちら純正のラバーバンドは既に手に入らないお時計ですが、

取り付け部が大変特殊形状となっており市販のバンドへの交換も通常の方法では困難でございます。

ですが、

このように下半分を柵形に加工することで、

取り付けが可能となります。

当店では、このような方法で多種多様な取付を行っていますので

過去にバンドの取り付けが出来なかったお時計も

是非一度ご相談くださいませ。

関連記事

  1. バンドの革サンプルと糸帳
  2. アップルウオッチバンド交換

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP