1$ウォッチ(ピンレバー脱進機)

 

先月修理のご依頼できました古いタイメックス

すぐに止まったり、時間がずれるなど動作が不安定とのことでOHをご希望とのこと。

一旦お預かりし中を拝見したところ、ピンレバー脱進機と言われる今ではなかなか見かけない構造のムーブメントでした。

穴石の変わりに鉄板で受けるというなかなか無骨で男らしいムーブメントでございます。

OHが無事完了し直後の点検でも問題は見られず一安心かと思われたのですが、

その後もう一度点検を行ったところ振りがかなり落ちているという事態に。

どうやら天シン軸受け(つぼネジ)の表面が経年で削れ切ってしまっており、摩耗し続けているようで…

やはり古めの構造のお時計ですと修理が難しいお時計もあるというお話でした。

P.Sこのタイプのムーブメントの情報募集中でございます(特に振り角)。

関連記事

  1. エルメスケリーSSモデル仕上げ前

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP